上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は職場の仲間と計画していたバーベキューっ!!
肉だ、肉だ、肉祭りだ~!

こんばんは。嵐を呼ぶモデラー「すー」です。

・・・肉はお預け。恐るべし、台風。。。


さて、グフ好きのグフ好きによるグフ好きのための
「グフシリーズ」第4弾です!

え、そんなにあったっけ?という疑問に簡単に答えると、
1/48 メガサイズ グフ
1/35 グフヘッド
1/100 マ・クベ専用グフ  でした。


そして今回は、コレ

ラルグフ アニメ

もう基本中の基本、『ラルグフ』(ランバ・ラル専用グフまたは安彦グフ)です。

このアニメのラルグフは死ぬまでに一度は作っておかねば。
ラル大尉が乗るグフはやっぱり安彦先生作画のぼってり体型ですよね。

それにしてもこの画のインパクトはスゴイです。
ザクもグフもこういう人間っぽいポーズが魅力ですが、なかなかプラモで
ここまで自然な形にならないんですよね。
そこを打開したいと思います!

使用するキットは、予定では
1/144旧キットグフと多分R35グフ(?)ですか、手元にあったジャンクパーツです。

さっそく加工。まずはガワラひじ。

ラルグフ 2

コレ1/144なのに内部フレームがあるんですね。(近頃の若いもんときたら。)
ちょっといじったら簡単に出来上がり。
内部フレームの突起を削って、どちらの向きにも差し込めるようにしました。

ラルグフ 7


オジサン、最近のガンダムは分からないので何ですが、この見た目じゃカッコ良すぎて
ラルグフじゃないので、外装は旧キットかパテを使ってこれからいじります。

ただ、アニメの画像をよく見ると、単にガワラ曲げではなく
微妙にナナメにねじれてました。

だから内部フレームを棒状に削り、プラパイプに通して回転できるように直しました。

ラルグフ 4

差し込んで拳を付けることで固定です。

ラルグフ 5

これで微妙な角度で曲げることができるようになりました。


ついでに脚も。と言っても、まだ初めの一歩です。
これは旧キットですね。

ラルグフ 6

安彦グフはももはぶっとくて、スネは短く、足は小さいですから、
まずはスネパーツの上下をカット。(写真失敗、分かりづらいです)
足は縦横を5mmずつ短縮しましたが、まだデカい気がします。

関節はこれからです。
今思えばですが、腕でも脚でも、関節をすべてボールジョイントにするってのはどうでしょう?
リボルテックのバルキリーなんかが使ってる構造ですね。
ま、手作りだといろんな方向に曲がっちゃうかもしれませんが、ポージングが自由自在だし。

ひざ関節は複雑に曲がってほしいので、ボールジョイントを試してみようかな。
もちろん見た目重視なので、むき出しにはしませんが。

また!( ´ー`)ノ

あ、みなさん、台風には注意してください。無理して出かけないように。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

最近のガンプラって、あらゆる意味でプラモが独り歩きしているような気がします。
最近のガンダムは、ガンプラありきで設定されててよく考えられてる反面、少し魅力が落ちてきてるような気がします。
すーさんの作品は、あくまでも劇中のワンシーンや設定に強くこだわって仕上げられるところが、とても魅力的です。
今のガンダムシリーズに無い作画の人間臭さまでも再現できる、すーさんの技術のは見ていて飽きがこないです。
グフ、期待してます。

URL | ちっぴー ID:-

これ、もしかしたら・・・

横にガンダムも並べたくなるんじゃないですかねぇ。
グフの仕上がりに満足いけばいくほど、やはり『相方』が欲しくなる気が・・・。

と、まだグフが出来てないのに気が早いですねw

腕のひねり、いいアイディアですね。
『よみがえる』や『悠久』で腕や脚を湾曲させたのは、その『ひねり』や『うねり』を表現したかったからです。
安彦を追求しようとすると、やっぱりそこにブチ当たりますね。
モビルスーツを『機械』ではなく『人』として描いたはりますからね。ワクワクですわ。

URL | mumumuno53 ID:-

Re:ちっぴーさん

嬉しいお言葉ありがとうございます。

ガンプラがあるからバンダイのプラモのレベルが
どんどん進化しているのは分かりますが、そこまで必要か
というくらい過保護なキットになっているのと
デフォルメし過ぎなカッコよさが逆にカッコ悪い気が
しています。

人間臭い模型ガンバリます!

Re:これ、もしかしたら・・・

相方ですね。まさかいきなりそこに来るとは思いませんでした。
フフフ、実はこのグフのフォルムは、あまりにも有名な
あのシーンにも対応できるように考えてます。
ま、まだ先です。気が早いですよw

湾曲させるかも迷ってます。
だって原画の左脚なんか、完全に外側の方が長く、
間違いなく湾曲しているんですもん。
関節だけいじってもこうはならないんですよね。

ずっと決まったポーズの模型を作ってたので、
躍動感のあるたくさんのポーズをとらせたいです。

乞うご期待!

どうも、こんばんはです。
こちらも台風の影響がハンパないです。
ボールジョイントとは、これのことだったんですね!今さらですが…ずっとポールジョイントだと思ってました(どこにポールが立ってんだよ!みたいな)しかし、またマニアックなところを狙う感じですね。いや、ガンダム好きからしたら、そうではないかもしれませんね。私はやはり派手なモビルスーツの方に目を奪われてしまうので。

URL | ウルフ ID:-

Re: ウルフさん

ウルフさん、どもども。
いつもありがとうございます。

今回の記事にボールジョイントは出てないですが、
強いて言えば、手首に付いてるパーツですね。
ロボットだからあんまり自在に動いたらおかしい、
という概念が安彦先生の画で崩壊したんです。

だから次回の記事では、ロボットっぽくない動きの画像を載せますね~。

こんにちは。
モヤからのグフなんですね♪
というか、この前腕の発想、思いつかんかったです!
目からウロコです。 コレだとグリグリできて
腕の表情が更に付けやすくていいですね♪
もうちょい早くやってくれてたら…。パク
もといオリジンザクの参考にできたのに…w

それにしても最初のアニメの画像…。
全然強そうに見えないですね…。
でも、当時見ていた者としてはこれこそ
ガンダムだ!と思ってしまいますwww

URL | 10ku1 (tokuwan) ID:-

Re:10ku1さん

誰もモヤはどうした!?と突っ込んでくれないんですが
さり気なくグフ始めました。

私も作ってる途中に思いついた回転なんです。
今まで内部フレームをいじる発想があまりなかったんで、
というより内部フレームなんてないキットが
多かったんですが、こういう利用法なら
内部フレームもいいもんですね。

原型師は泣きますがw(;^ω^)

すーさん、こんばんは!
偶然、同じタイミングでガワラ曲げに挑戦してるとはwやはり下腕での回転軸がポイントですよね!
ファースト世代のMSはガワラ曲げ、本当に似合うと思います^^

そして脚部の引き出し関節といい、ノリノリですね!
「可動は正義!」ですよね!w

URL | かさばる兄さん(かさ兄) ID:-

Re: かさばる兄さん

こんばんはw
そうですね、ガワラガワラと賑やかですね。
以前メガグフで施したガワラひじ加工は、PGザクを
参考にしたので非常に複雑で面倒な仕組みでした。
今回のはすごくラクちんな方法を思いついたので、
ここぞとばかりにノッテます!

「可動は正義!」?ハ、ハイヾ(゚▽゚*)>

共感しまくりです。

ラルグフ始動? これは聞き捨てなりません。
というわけでsawahiroです。

すーさん、申し遅れて今さらなんですが、僕も熱狂的なラルグフファンです!
ガンダムと甲乙つけがたいぐらい…。
『歴史上の偉人で尊敬する人物は?』ともし尋ねられれば、
迷いなく『はい。ランバラルです!』と答えます。

僕もTV版ガンダムに続きTV版グフの製作を将来?夢見ているのですが…。
しかし、ここはすーさんにしっかり研究してもらって…
のちのち、その技術をパクらせてもらおうかと(笑)

R35グフを利用されるとは…僕も全く同じ構想を練っていました。
1/144でアニメに近いグフのキットって存在しませんもんね。

間接をすべてボールジョイントにするってアイデア、実に共感できます!
僕も似たようなアイデアをあたためているのですが、
実現不可能かバカにされるか…というレベルで、まだまだ
机上の空論なので、実現のメドがたったら、真っ先にすーさんに発表しますね。
(ちなみに、最近やっと間接改造の勉強始めました…)

以前言い忘れたのですが、すーさんのメガサイズのグフの写真で
メチャクチャ気に入っているやつがあります!
確か塗装前のやつで、真正面、ややあおるような角度の
ひざ上のアップ! 正に出撃前のラルグフを強く彷彿させます!

僕はラルグフのかっこいい勇姿を探して、テレビ画面を一時停止してから
よくコマ送りで眺めているのですが(←アホでしょ)

最近記憶している中でお気に入りは…
カイがキャノンで出動してすぐ『うわっ!こんな近くに!』で、
崖に仁王立ちしているラルグフ!そしてヒートロッドをふりかざすまでの一連。
(すーさんの好きな、砂漠に寝ころぶアムロの頭上を巨大なグフとザクが
飛び越えていくシーンのすぐ次の場面です)

もうひとつは、砂漠でカイと交戦中、カイが一瞬びびってうずくまりますが、
予想外の動きにラルが、ぶざまにドテっ!と転んでしまい、交錯したのち
ラルが立ち上がって離れ際に、ヒートロッドを巻き付けグイッ!と引っ張っているシーン!
( ↑ 文章で表現するの難しいなぁ…)
もう閲覧済みかとは思いますが、あらためてカッコイイですよ。特に顔。

ちなみに僕は、劇場版ガンダムは①しか持っていません。
BSで再放送していたTV版をこつこつ撮りためたものを資料にしています。
なので、ひょっとしたら劇場版と差異があるかもしれませんが…
劇場版 哀戦士、再放送してくれないかなぁ…

また長くなってしまった…!!
失礼を〜。

URL | sawahiro ID:-

Re:共感しまくりです。

sawahiroさん・・・長いって!(;^ω^)
しかしラルグフに対する熱い思いがひしひしと伝わってきます。

確かにランバラルは上司にしたい人№ですね。
見た目の厳つさに反して部下の面倒見が良く、
恋人にも優しい。
色んな後付け理由がありますが、戦争中に未亡人に
したくないので結婚はせず、内縁の妻にしておき、
終戦後すぐに結婚するつもりだったんだと思ってます。
これぞ理想の漢だ。

R35グフを使用したのはホントたまたま目に入ったからで、
狙ってた訳ではないですがなかなか良いです。
ただスマートすぎます。オヤジの腕がこんなキャシャな
訳がない。なので今はパテ盛り盛りです。

ボールジョイント関節はマジでやってみたいんです。
sawahiroさんのアイデア、知りたい・・・。
早く目途付けてください。
構造上、連邦のMSではボールジョイントはムリがありますが、
ジオンならイケちゃいますよね。
実はメガグフで使ったヒートロッドの中の銅線コード、
これも関節に使ってみたいと思ってます。
ちょっと邪道ですが、自由自在だし、作るのが
メチャメチャ簡単なはずです。
これを使えば、多分関節のグレーの機械部分なしで
イケると思います。そしたら完全にアニメのMSですよ。
今回のラルグフの関節もホントは関節パーツを
露出したくなかったんですが、妥協してます。
撮影時にはなるべく見えないようにする予定ですが。

メガグフといえば、あの画像はfgでも多くの人に公表でした。
実はまったく何も考えず、コックピットが開いている
写真を撮っただけなんで、褒められても微妙に
他人事のような感じなんです。
このラルグフでは覚えてたら煽りの写真を撮ってみます。

劇場版のⅡとⅢは、結構な量の描き直しや追加が
ありますんで、これまたTV版との違いを見つける楽しみも
ありますよ。入手した方が・・・^^
ラルグフも相当描き直されてます。(追い打ち)

お気に入りにされてるラルグフのシーンはどちらも
分かりますが、2つ目のグイッと引っ張るシーンの『顔』
までは思い出せませ~んw
しかしsawahiroさんのグフ好きはよく伝わってきます。

そして、アニメのラルグフ、安彦画のラルグフが
我々の目標ということも分かりました。
お互い頑張りましょう!

自分も長かったかもヾ(゚▽゚*)>

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。