上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
職場のトイレ(大)の個室に張り紙が。
『シャワーロボ登場!』 つい『ロボ』という文字に反応してしまいました。

こんばんは。職場でも『ロボ』に囲まれることになった幸せモデラー「すー」です。

『便器から一歩離れると自動で流れます』
・・・って、オイ!その機能の今さら感!
『ロボ』なめんな。


ラルグフ作りが暗礁に乗り上げております。

ホラ。

ラルグフ 38

顔は1/144じゃ小さいので、思い切って1/100を。
デカ過ぎかしら。やっぱそうですよね。
多分高さが余計なんでしょう。直します。

肩アーマーのサイズの違いもダメですね。
このバランスの違いは致命的。ヒエ~(っ゚⊿゚)っ


上半身は、肩関節を作りました。

ラルグフ 41

前にせり出した時に少しナナメ下に下がります。

ラルグフ 42

関節の構造は一番簡単と思われる方法です。
関節パーツにハンドクリーム塗って、エポパテを押し付けるだけ。

スカートパーツとの接続は『パチ〇コ玉』にしようかな、と。
『パ〇ンコ玉』にネオジウム磁石は強力な組み合わせなので、
いつか全関節を『〇チンコ玉』で作って、鋼鉄ジーグみたいなロボを作りたいです。

んで、スカートは軟素材で作る予定ですが、そのための原型を
エポパテで作りました。しかしどうも形が気に入らず作り直し。

ラルグフ 39

横幅を増して丸みを付けました。

ラルグフ 40

軟素材・・・軟素材・・・。

目標は可動戦士のザクのスカート。
グニャリと曲がるスカート。
正にアニメのスカートです。

安彦ガンダムの『モヤ』同様、ここから苦労しそうです(*´Д`)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

どうも、こんばんはです。
と、いう事はシリコンを使ってかたどるんですか?
軟質素材が何を使うか気になります。
凄い楽しみです。

URL | ウルフ ID:-

使えれば良いのですが

いつも楽しく見ています。
さて、頭部、いっそのこと肩アーマー使えませんかね? 肩はスコープドッグとか使えませんかね? あとMSVキットとか今のキットに比べるとサイズでかいので流用出来るものがあればと思います。

URL | KOTO ID:-

おはようございます~!

「肩関節を作りました 。」ってサラリと書かれてるところがスゴいですね!
自分ならこれだけでも大変な作業なのに・・・。
(;つД`)ヒィ~ッ!!

そして私も軟質素材が気になります!
そんな材料があること自体知りませんでしたっ!
まだまだ知らないことだらけだな~と痛感してます。
f(^_^;

URL | ぷらっちっく ID:z1uogJ6Q[ 編集 ]

上半身に入りましたか・・・
改めて原画を見て僕が思うのは、
こんなんムリ!!
スゴイです。
次が楽しみです。

URL | ちっぴー ID:-

Re: ウルフさん

ウルフさん、こんばんは。
シリコンはあるんですが、面倒なのでエポパテで
型とってみました。

軟素材は何種類か試してみますね。
ウルフさんが教えてくれた樹脂粘土、未だに
見つけられません(*´Д`)

Re:使えれば良いのですが

KOTOさん、アイデアありがとうございます。
なるべく流用でどうにかしたいのですが、
サイズが合っても形状が微妙に違うとかでなかなか。

肩アーマーなんて、そもそも原画のが全然丸くないし!
結局はエポパテに頼るに違いありましぇん(>_<)

乞うご期待。

Re:おはようございます~!

ぷらっちっくさん、いらっしゃい。
関節の画像、加えました。
実はメッチャ単純な方法でした(*´з`)

軟素材、ってなんか普通にできる前提になってますが、
私にもわかりませんよ。
でもアニメのザクやグフのスカートって、鉄なのに
グニャっと曲がってるじゃないですか。
その方が自然なポーズがとれるじゃないですか。
・・・そういうことです( ´ー`)ノ

Re:ちっぴーさん

ちっぴーさん、私も叫びたい。
「こんなんムリ!」

右肩をグッと下げて前かがみ、右腕は前に左腕は下に!?
フンドシがナナメにねじれ、ももは内股のような
ガニ股のような。
顔は下を向いているのに目はこちらをしっかり見てる。

ジョジョ立ち以上の複雑さです。
(;´・ω・)ヤヴァイ

三次元は融通が利かないw

さすがに頭はデカいと思いますが、肩の大きさと形状次第な気がします。
肩アーマーはもっともっとぐんにゃりしていいと思いますよ。

スカートは軟質素材なので、塗装も問題ですね。
多分、素材に色を混ぜ込むんでしょうかね?
僕も将来の為にアタマひねってますw

作業する時は、静止画の画像を見ながらですか?
劇中映像の動いてるトコを観てると、何か打開策を発見できる時がありますよ。
・・・って、なんか僕が観たくなってきましたw

URL | mumumuno53 ID:-

Re:三次元は融通が利かないw

もうすでに哀戦士のDVDを引っ張り出しました。
そんなこと言われたら観るでしょ。
夜更かしします( ´ー`)ノ

軟素材は、また実験の日々です。
塗料を混ぜても、欲しい色になる気がしないので
プライマー命で何度も試してみますね。
これぞアニメのスカート!を楽しみにしていてください(´▽`)
(失敗したら忘れてください)

ど~も~。 まんねんです。

いやぁ、原画を見れば見るほど、自分には
たどり着ける気がしないっすわ(笑)
ほんとにスゲー大変な作業ですね。

自分だったら、原画師に対する憎悪が
湧き上がってきそう(笑)

軟質スカートは、他の方が言って
おられたように、自分も塗装がキー
だと思います。

折角の芸術作品が動かした途端に
うぎゃぁ~~~~~っ
になる気がします(汗)

まさか、そこ狙いじゃないですよね(笑)

URL | まんねん ID:-

Re:まんねんさん

・・・もしかして、自分が思っていたより
大変なことをやろうとしているのかも。
姿勢の難しさと全体のバランスに加え、自在なスカート。
センスどころか技術バリバリでなければ辿り着けない
のでしょうかね。

ま、まぁ、「最悪可動をオミットすれば何とかなる」と
軽い気持ちでいます。
できれば複数のシーンを撮影するためにしっかり
可動してほしいのですが(;^ω^)

ぼちぼちガンバリマス。

ネタバレしていた…

いつも不規則な登場でもうしわけありません。
sawahiroです。
はい。前回のコメントのタイトルと内容には特に関連性はございませんでした(笑)
コメント打ち終わった後に、一応タイトルつけておいた方が
いいかなぁ…といっただけのノリで…。

ときに、以前すーさんに、僕も間接のギミックであたためている
アイデアがある、などと意味深なことを申しておりましたが…
実は、パチンコ玉とネオジム磁石に全間接をすげ替える…
という、まさにすーさんがさらりと語ってのけたアイデアでした…。

思いついた時は、これはグッドアイデアだ!マグネットコーティーング方式
と名付けよう!と高揚していたのですが…、すーさんはとうの昔に
考えついていたのですね。 いやはや。浅かったぁ〜。
世間にはもう実現させている人がたくさん存在しそうですね…

ちなみにわがジムの製作もなかなか暗礁に乗り上げています。
こだわりたい足から作り出し、胸と顔以外まではひとまず組み上げたのですが
ここでバランスの悪さが気になり、再び足をいじりはじめる…といった具合に。
…堂々巡りです。

アンクルアーマーなしで間接カバーなんかも取っぱらうと、
なんだ、意外と可動域広いじゃないか…! RGなんかにも引けを取らないゾ、
と気づき、見た目だけでなく可動範囲の拡大までも欲張りたくなってきました。
そんなわけで、またいちいち葛藤し悩みを増やすハメにもなり…

他にも、胸のダクトはどうするか(オリジナルはカッコ悪い…)
顔にも変化を加えたい…
色はそのままで、果たしていいのか…
すーさん同様、問題山積です!

お互い気長にいきましょう〜。

最近SSPパテの存在を知り、その便利さに
(今さら)カルチャーショックを受けたsawahiroでした。

URL | sawahiro ID:-

Re:ネタバレしていた…

sawahiroさん、こんばんは。

関節にパチ〇コ玉は昔持ってた「鋼鉄ジーグ」の超合金で
すでに実現されていたので、私のアイデアでもないんです。
ただ、これを自作した作品は見たことがないです。
多分、塗装の問題がクリアーできないのだと思います。
今回のグフの腰は表に出ない部分なので無塗装で
いきますが、これを肩やらひざやらでやったら
塗装しない訳にはいかないので、塗装剥がれが怖くて
私も踏み切れないのが現状です。
是非、実現してみて下さい!

ただ、サイズ的に1/100でしょうね。
パ〇ンコ玉より小さな鉄球があれば1/144も可能かも。
そして、全身がシルバー系の機体かフィギュアなら
そのままできる気がしています。

SSP、瞬間接着パテですか。
sawahiroさんはパテ使わずに瞬着で造形してるんですよね?
SSPいいじゃないですか。盛って削ってをやると
造形の幅が相当広がると思いますよ。
個人的に思うのは、SSPでなくても単純にエポパテか
ポリパテでいいのでは?
私はエポパテの使い勝手と可能性に魅了され、
エポパテがあれば作れないものはないとまで思ってます。
・・・ちょっとおおげさですが、sawahiroさんもエポパテは
使ってみる価値ありますよ。SSP削るのと一緒ですし。

可動域を楽しむのもいいですね!
ポージングの幅が広がれば、sawahiroさんの撮影技術で
更に世界が広がるはずです。
完成した後に、どう魅せるかまで考えてると、
作ってる時点でやる事がいっぱいになってきますが^^;
それが楽しみで造形技術が向上する気もします。

また、長くなりました。では!

お久しぶり~!!
いやぁ、、、、
凄い「地雷文」に強烈反応~!!笑!
そうすかぁ、、可動すか?スカート、、
軟質素材、、、
実は、既にご存知だと思いますが、現在では、昔と違い、ソフビのような素材に近いモノが発売されていて、確かに、家で作ることが、可能な時代が着たんですが、、、、
恐らくは、すーさんの理想の可動を再現できる素晴らしい素材なんですが、、、
塗ることが出来ない、、
ただ、、、
実は不可能ではなく、ひとつだけ方法があり、元々のゴム素材を青色にすることが、染色系の塗料で可能だと思われます、、、
つまり、全身を型取りして、全てあらかじめ目標の「青」を実験で作っておけば、可能なことは可能となります!
つまるところ、、、
「可動戦士」を自作することができるかと思いますが、プラモデルではなくなるものの、そういう異ジャンル的造形もなんか、すーさんだと、すんなり、皆さんが受け入れちゃうでしょうし、その偉業を歓喜することと思うのですが、、、
全身ゴム質になれば、アクションももちろんのこと、頭のアンテナも壊れることが無くなり、腕や足の中に金属線を入れて、「ねじれ」を表現することもまたやぶさかではなくなるかと思います!!
と、、、、、、、、、
「他人事」のようにつらつらと書いてますが?非常に大変な作業になりそうな???
本体のバランスやライン再現だけで、大仕事ですもんねぇ、、、、
でも、自作の可動戦士もまた、世の中では「初」だと思うので、凄く内心期待してたりします、、笑!!
でも、個人的にすーさんの造形センス大好きなんで、固定ポーズでも十二分、お釣りがきそうな気がするのも事実です、、、
劇中のグフ、本当に楽しみです!!
造形の深部がまたひとつ掘り下げられ、新たなジャンルが誕生しそうな予感!
記事の展開楽しみにして、の~んびり待ってます!


PS:あ!例のガンダム胸像もいつの日か、再開楽しみにしてます!!
長文失礼しました~!

URL | 兄さん ID:-

Re:n兄さん

お久しぶりですー!
やっぱ塗装が難しいんですかねぇ?
実は軟素材についてノー知識です^^

ただ、思いついたのは最近100均でも売ってるUVレジンとか。
ソフトタイプもあるようで、どうかなと軽く考えました。
あとは、「シリコン系のシーリング材」です。
これは実験をしたので、次の休みにアップしようかと。

何にしても形は作れたその後ですね。
塗装はやってみますが、兄さんが言うんだから
ムリなんでしょうね。
『染めQ』なる塗料にも興味があります。ダメもとでやって
みようかな。

やっぱり、プラモデルでありたいとは思うんですよ。
パーツの一部が何の素材であろうとプラモで、誰でも
やろうと思えばできる身近な素材で作りたいです。
特殊な機械や材料を使って鍛錬が必要な技術を使う作品は
そういうプロにお任せして、プラ板とパテでできるものが
好きなんですねぇ。なんでやろ。

人を驚かせたいという気持ちはまだまだありますんで、
意地でも軟素材スカートは実現させて、安彦ガンダムの
モヤも完成させて、次の模型に手を付けたい!
と、気持ち先行気味のすーでした。
コメありがとうございました!( ´ー`)ノ

こんにちわ!
ごめんなさい!記事を読んでコメントしたつもりになってました。
軟素材って難しいですよね。
いろいろ考えてみましたが、シリコンぐらいしか思いつきませんでしたね(-_-;)
本当に劇中を再現するっていうのは、すーさんの記事を見て大変なんだな!と思いますね。でもその大変をやり遂げるから、感動する作品が作れてるのと思います。
また驚かせてくださいね!
頑張ってください!

URL | lost one ID:-

Re:lost oneさん

こんにちは!
いま、その軟素材と戦っています。
シリコン、レジン、樹脂粘土・・・なんだか
モヤを思い出します。

劇中再現は面倒なんですが、イメージが明確だし
そもそも自分で考えなくてもゴールができているので
横着な私には向いているんです。
模写とか模作は得意なので造形は楽しいんですが
素材選びとなると、こうやって足止めされます・・・。

これが続くとモチベが下がりますんで
チャチャっと
やっつけたいヾ(´○` )

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。